VBA

セル番地の取得方法について。[Rangeで取得して、行番号と列番号として数値を転回取得する]

なかなかうまく行かないExcel操作ですが、ここさえ決めておけば大分役に立つと思います。よろしければ参照して下さい。上手く使えば、大分作業効率が上がると思います。
VBA

セル番地の取得方法について。[Rangeで取得]

なかなかうまく行かないExcel操作ですが、ここさえ決めておけば大分役に立つと思います。よろしければ参照して下さい。上手く使えば、大分作業効率が上がると思います。
VBA

長すぎる構文を改行して、見易くする

長文になったコードで、画面内にコード表示が収まりきらない場合に使えるコード自体の改行方法について記述します。主に「if」,「vlookup」,文に多く文字列を使いがちで、コードの見栄えを整えたい場合などに活用できます。
VBA

事前宣言を一行で書く方法について

Dimで事前宣言される内容について、複数の項目を宣言する場合、改行を控えたい事があると思います。その方法について記述します。宣言文は「:」で区切る事で有効性を保ちます。また、区切りに「,」を使う場合は、の方法についても記述しています。
MsgBox

メッセージボックス内で改行する。

msgboxで改行する為の方法について説明しています。「" & vbCrLf & "」と、「" & Chr(13) & "」について解説していますが、厳密な差別化を図りたいのであれば、ネット上の情報を検索していただければと思います。
VBA

構文をコーディング途中で改行する

VBAの記述中でうまく改行できない場合の対処方法について記述します。うまく記述方法を覚えておかないと、この項目に限らずVBA利用時のなかなか多くの場面で面倒な事になるので、是非覚えて起きましょう。この内容自体は非常に簡単なので、気張らずに参照してください。
MsgBox

メッセージボックスに変数を表示する

msgboxに変数を表示させる方法。msgboxでは簡単に変数を表示させる事ができます。
MsgBox

メッセージボックスを利用する

メッセージボックスは、利用用途に拡張性があり、使い方によっては非常に有効なツールの一つなので、ほぼ必須で覚えておくと良いかと思います。全てdebug.printで書き出しをしている方も、使い方次第でメッセージボックスが有利になる事もあるので、参考にして下さい。
VBA

変数の宣言について。[型]はよく使う物だけ覚えればOK。

VBA利用時の、覚えてないと不便な宣言、覚えなくて良い宣言について。覚えなくて良い宣言については無視して行きましょう。覚えたほうが作業効率の良いところだけに時間を使う事をお勧めします。
VBA

「宣言の強制」の重要性について

変数の強制宣言を行なわないと、発生するエラーについての認知が難しくなります。どこでエラーが出ているのか初期段階で把握しておく為にも、この設定は重要と言えます。宣言していない事でのエラーなのか、宣言をしていて構文が誤っている場合のエラーなのか判断が容易になります。
タイトルとURLをコピーしました