スポンサーリンク

メッセージボックスに変数を表示する

declaration_04 MsgBox
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メッセージボックスに、固定表示の他に変数を混ぜて表示する方法です。ほぼこのような利用方法が多くなるとは思いますが、まずは基礎から。

始めに。

メッセージボックス利用方法の多くは、変数内容を確認したり、正しく構文が通っているか、意図した結果が返ってくるか、等になってくると思います。

まずは変数の表示についての基礎的なところを説明します。

まずは下記の構文を実行してみます。

Sub テスト4()
Dim i As String
 i = “かきくけこ”
  MsgBox “あいうえお” & i
End Sub

「あいうえお」は固定メッセージ、変数[i]には、文字列していをして「かきくけこ」。
『msgbox+[半角スペース]+[”固定メッセージ” ]+[半角スペース]+[&]+[i]+』。
構文は以上になります。結果はサムネイル画像の通り。

変数「i」に、ご自身の結果が表示されれば基本はOKです。

[”固定メッセージ” ]部分の使い方。

消費税計算なら「税抜き価格:」とか、「税込み価格(8%の場合)」とか。
特定セルの確認をしたければ「A1の内容は:」とか、「B10の内容は」とか。
自分の読みやすい固定文を設定しておくと便利ですね。

MsgBox VBA
スポンサーリンク
スポンサーリンク
takecy3.comのExcel部│VBAでもっと便利にExcelを使う。
タイトルとURLをコピーしました