タケシー3

VBA

[Range]と[Cells]プロパティに置き換え

RangeとCellsの置き換えについて。変数を代入する為に便利に。変数代入時にRangeプロパティだと利用用途が弱い為、使いまわす為の記述方法です。エラーが出た時の回避方法など、使えるトコロをコピペして使ってみて下さい。
VBA

[Offset] プロパティで特定セルから、ずらしてセル操作

特定のセルを指定させて、そこからずらして操作するにはオフセットが優秀。例えば最終使用セルからずらす、キーワードでセルを特定させて、そこから少しずらす、とか。特定セルから定期的な法則を持つ場合は、凄く相性が良いプロパティ。
VBA

CALL を使って [呼び出す、纏めて実行する]

マクロやVBA記述で作成したショートマクロを組み合わせ、纏めて実行したりプロシージャ内で一時的に読み込む事で多くの利用用途が出てきます。テストで作ったマクロを1つのプロシージャに書くと長くなりすぎる場合などにも大いに役に立ちます。
VBA

With ~End With について [Selectionを例に分解と解釈]

マクロで情報を取得する際に非常に多く目にする[With Selection ~ End with] ですが、内容を理解する事で、見易いコードへ書き直す事ができます。[Selection] を使わず[With ~ End with ] の書き換えも◎。
VBA

特定のシート上で図形、画像を一括削除する

図形(シェイプ)を含むシートでコピペを繰り返し続けたり、縮小回数が多すぎて、たまたまマウスカーソルが重ならないと、図形(シェイプ)がどこにあるか分からない場合や、シート内で一目して有益な情報を図形が隠している場合など、特定の状況下で役に立ちます。
VBA

マクロでとにかく情報を取得する。[構文を覚える必要なし]

マクロで情報を取得して、それが何に対して実行、影響を及ぼしているのかを考えます。常にオンラインでインターネット環境で情報を検索でくる場合だけでなく、オフラインでコードを書かなくてはいけない場合などに、特に重宝します。書籍で勉強中の方にも◎。
Debug.Print

「Debug.Print」と「MsgBox」使い分けについて

Loop構文を使う場合の確認は絶対に「Debug.Print」。視覚的な確認や で結果を変えたい場合は「MsgBox」。 始めに。 まずはLoop系の構文については「Debug.Print」が絶対にお勧め。サ...
HyperLink

ハイパーリンクのジャンプ先セルを、画面の左上に表示する。[HyperLink]、[VBA]

ハイパーリンク(HyperLink)については、沢山利用方法があるかと思います。今回はHyperLink実行後に、画面左上にリンク先を表示させる時の制御方法について記述します。
HyperLink

ハイパーリンクを削除する。[HyperLink]、[VBA]について。(特定の範囲にHyperLinkがある場合、削除)

ハイパーリンク(HyperLink)については、沢山利用方法があるかと思います。今回はHyperLinkの削除方法について記述します。
HyperLink

ハイパーリンクを取得する。[HyperLink]、[VBA]について。(特定の範囲にHyperLinkがある場合)

ハイパーリンク(HyperLink)については、沢山利用方法があるかと思います。今回は一番わかり易いHyperLinkの取得方法について記述します。
タイトルとURLをコピーしました